LDLコレステロール値が高いと基礎代謝力が弱まるのか

LDLコレステロール値が高いと基礎代謝力が弱まるのか

結論から伝えますがLDLコレステロール値と基礎代謝というのは遠い関係性がありますが、どういった関わりがあるのかについて説明します。そもそもLDLコレステロール値が高いということは筋肉量が少なく体脂肪が多い方であり、つまり筋肉量が少ない傾向にあります。それによって基礎代謝が下がることがありますが、LDLコレステロールのせいで基礎代謝が下がっているわけでも、基礎代謝が低いからLDLコレステロール値が高いということではありません。つまり、基礎代謝量は筋肉量に比例しており、筋肉量が低い人はLDLコレステロール値が高い傾向にあるというだけです。

 

中性脂肪とLDLコレステロールはセットになることが多いですが、これらの数値が高い過多は体脂肪率が高いことが多いです。筋肉量が多い方は運動もしている上に健康にも気を使っていることが多いです。また、筋肉量が多いと代謝量が多くなりますので、中性脂肪、LDLコレステロールの原因になる油の多い食事をしても代謝されます。

 

LDLコレステロールはとにかく必要なものですが過剰に摂取してしまうと蓄積されてしまい、どうしても悪い方向に働いてしまいます。ですので必要ですが、過剰に取り込んでしまうと命に関わってしまうこともあるということを覚えておきましょう。全てにおいてバランスが非常に大事であるということになりますので、きちんとコレステロールの摂取量を把握しておくようにすることが重要です。

メニュー
最新記事